top of page

農業ドローン講習

農業用ドローンを操縦するために必要な講習【UTC農業ドローンオペレーター講習】から

より専門的な生育分析や可変追肥のマップ作製まで、幅広いコースがあります。

Tropical Leaves
水田

講座紹介

MG-1背景.jpg

肥料および除草剤の様々な散布を高精度に適正な割合でおこなうために設計されたオクトコプターで、農業分野において効率性と管理等力がさらに向上します。

5日間コース

​¥250,000(税込み)

T30背景.jpg

DJIデジタル農業ソリューションを使用したT30は、効果的なデータ駆動型の方法で肥料の消費量を削減し、収量を増やすのに貢献します。

5日間コース

​¥250,000(税込み)

コースT10.jpg

コンパクトでありながら強力な空中ソリューションを提供します。最大6メートルの散布幅により、最大6.7ha/時を散布効率の作業できます。

5日間コース

​¥250,000(税込み)

農業用管理ソフトコース.png

ドローンで測量し、管理ソフト(DJI Terra)で分析、可変施肥するまでの流れが学べます。

1日コース

​¥60,000(税込み)

コースT20.jpg

パワフルな性能と並外れた噴霧性能

全方向デジタルレーダーなどを駆使して、飛行の安定性と安全性を向上させ、農作業に高い効率性をもたらします。

5日間コース

​¥250,000(税込み)

農業用ドローンの運用から農薬の散布を適正に出来るための知識・操作技術を習得します。
農薬や機体の取扱い、書類の申請方法、実技訓練においては基本操作から安全確認や緊急時の対応までしっかり学んでいただきます。

【受講資格】
​年齢 満16歳以上(20歳以下は保護者の承諾が必要)
視力 両眼で0.7以上(矯正可)
色覚 赤色、緑色の識別可能なこと
聴覚 日常会話を聴取できること
言学 日本語で日常会話が可能なこと
​身体 ドローン操縦に支障が無いこと

お気軽にお問合せください。

bottom of page